<スポンサーリンク>

百笑一気 ~笑顔が好きだから~

早期退職して長野県で晴耕雨読の生活をしています。第二の故郷は中国上海です

www.tkh3872.com

百姓日記 Vol.70 ~田の草取り~

f:id:hyakusyoikki:20200714200706j:plain

この時期、雑草がすごい勢いで伸びてきますが、畑だけでなく田んぼにも雑草がはえてきます。田んぼは水があるので雑草がはえないと思っている方もいるのではないでしょうか。田舎の観光バスのガイドさんが田んぼで草取りをしている人がいて「あれは田の草取りです」と説明したところ「どこに鳥がいるんだい」という答えが返ってきたという笑い話があるくらいです。

地上と違う種類の手強い雑草が何種類もはえてくるので、私は除草剤を2回ほどまきます。ポイントは除草剤を散布した後は水を動かさないこと。地面が現れてくるまで水は止めて除草剤がしっかりと効くようにします。しかし亡き父がボケ始めた頃、私が水をかけないように言いましたが、覚えているはずもなく除草剤を撒いた後、水をかけてしまいました。案の定、除草剤が効かず気づいたときは稲と同じくらいに雑草が伸びていて除草剤が効かない大きさになってしまいました。仕方なくお盆休みに3日程、朝5時から夕方まで手で草取り。田んぼの中で腰を曲げての作業は過酷でした。もう今の体力ではできません。

こんな訳で田んぼの除草剤散布は確実に行っているのですが、現在使っている除草剤が効かないものがあります。上の写真で水の中から細い毛のような草が顔を出していますが、クログワイという雑草です。稲よりは大きくならないのでそのままにしていますが、秋の稲刈りの時には黄金色の稲束の中に青々としたこの雑草が目立ってしまいます。こんな時、頼りになるのは農薬メーカーの友人です。クログワイも枯らす除草剤を紹介してもらいました。

f:id:hyakusyoikki:20200714203403j:plain

レブラスジャンボという商品名ですが「ジャンボ剤」というのは除草剤が袋に入っていてこれを投げ込むと薬剤が水の表面に広がっていき田んぼの中に入る必要のない優れものです。こんな感じで広がっていきます。

 

f:id:hyakusyoikki:20200714204001j:plain

この手強い雑草が本当に枯れてくれるのか今後が楽しみです。

百姓日記 Vol.69 ~中玉トマト~

f:id:hyakusyoikki:20200713190537j:plain

トマト3兄弟、大玉、中玉、ミニ全て収穫でき、今年の出来栄えは上々です。これからかなりトマトネタで書けそうですが今日は中玉トマトについて書きたいと思います。

中玉トマトは近所の農業の先生から苗をもらい今年初めて育てました。品種を聞いておけば良かったのですが、何という品種か書けず申し訳ありません。このトマトはこんな感じでブドウのようにきれいに整列した房になって実をつけます。トマトは木の下から赤くなっていきますがこの房の中では上から赤くなっていきます。気を付けなければいけないのは中ほどのオレンジ色の実と上の真っ赤の実の味は全然違います。赤黒くなると甘味が増してさらに美味しくなるのでオレンジの実は収穫してはいけません。

f:id:hyakusyoikki:20200713191041j:plain

このトマト食べてみると、結構皮が厚いのでそのまま食べると皮が気になります。そこでブドウの巨峰のように皮をむいて食べると美味しく食べられます。皮は手で簡単にむくことができ、剥いた感じも巨峰の実のようです。

f:id:hyakusyoikki:20200713192703j:plain

こんな感じの一口サイズでデザートにちょうどいいですね。先日、苗をくれた先生のトマトを見せてもらったら同じ品種ですが木の幹も太く、私の作ったものより一回り大きい実をつけていました。どうも私は水のやりすぎのようです。先生は乾燥気味に育て、根を切ったりしてある程度のストレスを与えているようです。人間と同じようにあまり甘やかして育てるより、鍛えてやった方が良い実をつけるらしいです。農業も奥が深いですね。

これからの人生、実のあるものにするには、今の全くストレスのない生活ではマズいなと少々考えさせられました。

百姓日記 Vol.68 ~アメリカシロヒトリ~ 

f:id:hyakusyoikki:20200712202754j:plain

毛虫嫌いの方には気持ち悪い写真でスミマセン。今年は害虫の活動が活発で庭の柿の木にアメリカシロヒトリが巣を作りました。

アメリカもとんでもないものを送り込んでくれたものです。こいつが厄介なのは物凄い繁殖力。初夏と秋に繁殖期があり孵化したばかりの幼虫が作った巣の段階で防除しないととんでもないことになります。最初は写真のような巣の中で活動していますが、もう一回り大きくなると巣の外に出て葉を食べつくしてしまいます。

巣の段階で防除するときは、殺虫剤をかけてもいいのですが、巣が邪魔をして殺虫剤が届かない場合があります。噴霧器の圧力を高くしてしっかりとかければ良いですが、確実なのは巣がある枝を切り取って、踏みつぶすか燃やすのが一番です。私は踏みつぶすのも気持ち悪いので火あぶりの刑にしてしまいます。

それにしても外来種の繁殖力と生命力は凄いものがあります。子供が小さいころ近くのため池に釣りに行って良く釣れたブルーギル。飲み込んだ針を無理やり外しても元気に生きていました。海外と貿易や人の往来が盛んになった今、仕方のないことかもしれませんがこれ以上害虫やウイルスが入ってもないことを祈りたいものです。

百姓日記 Vol.67 ~梅収穫~

f:id:hyakusyoikki:20200711194702j:plain

梅雨とはよく言ったものでこの時期一気に梅の実が大きくなってきます。今日は雨が降る中、びしょ濡れになって梅の収穫をしました。今年も梅の花に雪が積もりましたが無事に沢山の実がついてくれました。

 

www.tkh3872.com

 

しかし・・・今年は失敗です。消毒が足りなかったのか 、シミの出てしまった実が多く残念ながら品質の良い実の収量は昨年の半分以下になりそうです。

f:id:hyakusyoikki:20200711195859j:plain

なんか将来の自分の顔を見ているようで嫌な気分になってしまいます。

来週は姉が東京から来て梅仕事をしてくれます。カリカリの梅漬け、梅ジャム、梅エキス、今年は作り方をブログで紹介したいと思うので興味のある方は是非読んでください!

今、市の広報で大雨警報が出て警戒レベル3が発令されたとのこと。雷と共に凄い雨が降ってきました。梅雨早く明けて欲しいですね。

雑感 Vol.82 ~ブロガーバトン~

ブロガーバトンいただきました!

 送ってくださったのはゴルフブログ 風にのせてのTetsuteさん。読者の少ない私のブログに早い段階で読者になっていただき、私も毎回ゴルフレッスンを楽しみにしています。

tetsute.hatenablog.com

最初に拝見したのがティーグラウンドの「目線」の記事。私の住む長野県は山岳コースが多く、打ち上げホールが苦手だったのですが、早速試したら効果があってなるほどなと思いました。打つ前にコースを見上げることで僅かに左肩が上がってしまうことに気が付き現在は苦手意識払拭できています。

https://tetsute.hatenablog.com/entry/2020/02/26/203913

その後、フワっと上げる球やバックスピンの効いたアプローチなど色々試したいのですが、そんな技量は持ち合わせていないのでまずは基礎の反復練習。鉄板レッスンは「インパクトゾーン」です。詳細は先日書きましたが、アプローチ練習のようで、これで確実に飛距離も伸びてきました。

 

www.tkh3872.com

 最近はブログとは別にコンタクトさせていただいており、いつか一緒にラウンドしたいと思っています。しかし・・・Tesuteさんのお住まいは我が家から500km以上。いやいや風にのっていきますよ~!

自己紹介

それではバトン受け取りましたので以下自己紹介です。

f:id:hyakusyoikki:20200710084721p:plain

f:id:hyakusyoikki:20200710084621p:plain

一番古い記事

この頃はなにもわからず、皆さんの記事も読んでいなかったので、あまりの粗雑さに見て恥ずかしくなってしまいました。当然アクセスゼロだったと思いますが、サラリーマンだった頃が少し懐かしく思います。

 

www.tkh3872.com

 お気に入りの記事

私の現在の最高の楽しみは3人の子供たちと遊ぶことです。子供といっても既に社会人ですが、ありがたいことに親父の暇つぶしにつきあってくれ本当に楽しいし嬉しいので内容とは別に子供と色々なところに行った記事がお気に入りです。写真の貼り方が雑すぎますね・・

 

www.tkh3872.com

 

 

www.tkh3872.com

 バトンタッチです!!

なんとなく始めたブログですが、今では生活の一部になって毎日皆さんの記事を読んだりコメントをいただくのが本当に楽しく刺激になります。このブログを教えてくれたのが同じ職場だったNTどっこいしょ jiujingrentangさんです。

www.jiujingrentang.com

 彼について書いたのがこの記事です。

www.tkh3872.com

最後に

tetsuteさん、バトンありがとうございました。NTどっこいしょさんもゴルフするので是非いつか一緒にプレーしましょう!

NTどっこいしょさん、この鉾を授ける!火を絶やすでないぞ!!

百姓日記 Vol.66 ~キャッツアイ~

f:id:hyakusyoikki:20200709082333j:plain

昨日に続き杏里さんの名曲がタイトルになってしまいましたが、昨日はパセリ、今日はブロッコリーネタです。

数日前にブロッコリーは出荷後に氷詰めにされて輸送されるという記事を書いたところ初めて知りましたというコメントを複数いただきました。実は私も父がボケて畑仕事をしなくなって野菜を集荷所へ運ぶようになってから氷詰めしているところを見てこんなことするのかと驚きました。見た感じは保存がききそうなのに一番デリケートな野菜ではないでしょうか。

特に春から夏にかけてのブロッコリーは気温が不安定だったりすると「キャッツアイ」という現象が出てしまいます。上の写真、ちょっとわかりにくいですが、深緑の花蕾の中に黄緑色の部分が点在しています。これは蕾の発達が遅れているところで、これをキャッツアイと言います。この部分がへこんで雨が溜まったままになるとすぐに腐りが発生して黒くなってしまいます。

f:id:hyakusyoikki:20200709083802j:plain

この黒くなった部分1日常温で置いたたけでどんどん腐っていき悪臭を放ちます。たった1日でこんな感じになって、写真では判りませんが小蠅が群がっています。

ということでブロッコリーは魚に匹敵するくらいの鮮度管理が必要な珍しい野菜です。実でも葉でもなく花を食べる野菜なのでデリケートなんでしょうね。ちなみにキャッツアイ自体は味に変わりはないので食べても問題はありません。買い物袋から転げ落ちて車に中に放置なんてことになるとすぐ腐ってとんでもない悪臭を放つので注意してくださいね。

百姓日記 Vol.65 ~悲しみが止まらない~

f:id:hyakusyoikki:20200708081931j:plain

現在、長野県に大雨特別警報が出ています。私の住む諏訪地方は対象外ですが凄い雨が降っており、風も強くなっています。パセリがどんどん大きくなって出荷したいのですが今日は家の中にいるしかありません。

出荷が始まっているパセリですが今年はヨトウムシが早くついてしまい、殺虫剤を撒きましたが被害が出てしまいました。写真のパセリ、このままサラダにでも載せられそうですが、裏返すと・・・

f:id:hyakusyoikki:20200708082626j:plain

ところどころ虫が食べた穴が開いており、当然出荷できません。株から枝をむしり取る時にいちいち裏を見て虫食いがあるかどうか確認しなければならず作業効率も落ちてしまい、これを家に持ち帰っても捨てるだけなので通路に捨てます。

f:id:hyakusyoikki:20200708083147j:plain

こんな感じで捨てたパセリが防草シートになるくらい廃棄しなければならなくなって少々悲しい収穫となってしまいました。枝が太くて良いものほど虫がついており、もっと早く消毒すればよかったと悔やんでも後の祭りです。

パセリの収穫など単純作業を長時間していると何故か、音楽が頭の中に流れてきます。今週はサンデージャポン河井案里のニュースのBGMに杏里の「悲しみが止まらない」が流れていて、なかなかうまいなと思ったのと好きだった曲なので最近はこの曲が頭の中に流れてきます。パセリの場合は出荷できないものは捨てれば、新しい枝がどんどん出てきてくれるのでそれほどダメージはなく、うどんこ病がでると毎年こんな感じでパセリの防草シートができ、見慣れた風景でもあるので無駄が出ても「悲しみが止まらない」ほどではありません。悲しみが止まらないのは河井案里でもなく税金を無駄遣いされている我々納税者ですよね。

 

www.tkh3872.com