百笑一気 ~笑顔が好きだから~

早期退職して長野県で晴耕雨読の生活をしています。第二の故郷は中国上海です

www.tkh3872.com

雑感 Vol.35 ~コネクティングルーム~

今日は天気が悪かったので確定申告書類を作りました。あれこれ調べたり、時間をかけて書類を作って金を払うのはどうも前向きに取り組めませんが国民の義務なので仕方がありません。

こんな時にまた税金を払うのがバカらしくなるようなニュースがありました。首相補佐官厚生労働省の女性官房審議官の不適切な海外出張。4回の海外出張で4回ともコネクティングルームを要求し宿泊したとか。コネクティングルーム、中国駐在時の旧正月休みに家族でシンガポール旅行した時、利用したことがあります。女部屋と男部屋に分かれて宿泊しましたが、当時は子供3人小学生。かくれんぼをしたり、飛び回ったり広く使える部屋でとても喜んで暴れまわっているビデオが残っています。この時に大人は別の使い方をするだろうなと思いましたが、まさかお役人様が税金を使って別の使い方で楽しんでいるとは・・

ちゃんと仕事をしていたとしてもこの女性官房審議官が4回の海外出張で使った費用が185万円。インド、中国、フィリピン、ミャンマーへわずか2~3泊の出張だったようですが、1回あたり46万円。当然ビジネスクラスでしょうからエアーチケット20万円。ワイドショーでホテルが1泊6万円と言っていたので3泊で18万円ってところでしょうか。いやはや凄いお金の使い方ですね。私の勤務していた会社の海外出張ですとエアーチケットはエコノミーの格安チケット(ノーマルも特別な理由がないと許されません)、ホテルも上限は決まっており、同じ海外出張をしても1回10万円以下で対応していると思います。

国の中枢を背負っている方達ですから我々と同じとは言いませんが、使われているのは血税なのでもう少しコスト意識と公私をはっきりさせる気持ちを持ってもらいたいと思います。この二人すでに出張中のイチャイチャ写真が出回っていますが、60過ぎのジジイと50過ぎのババアが実に気色悪いですよね。こっちは汗水たらして野菜作って安く買いたたかれても真面目に税金払っているんだぞ!海外のホテルはシングルでもベッドは2つあるのが普通だし「我々出張費用削減のため同じ部屋で結構です」と堂々と言ってみろってんだい!ジャンジャン!!

あまりに頭にきたので同じ大学、学部の大先輩が書いている週刊ポストのコラム風に締めました。